院長ブログBLOG

コロナ後遺症の話

コロナ後遺症が結構多く、3割にのぼり、しかも長く続いて困っている方も多いとの話が出ていますね。 1年、2年と続いている方もいるそうでお気の毒です。大学病院等で後遺症外来をやっている処もあるようですが、なかなかこれで治る、という決め手がないようです。ラットの実験では能の一部が損傷されているそうですが、朝出ると元気になるホルモンの一種、コルチゾールが低く、倦怠感の原因では?という意見がでました。重症の方だけに後遺症が出るのではなく、無症状の方にも出るそうで早く治るようになると良いですね。 倦怠感というのも漠然としていて困りますね。測定できませんので、仕事に支障があると言っても認めて貰うのが難しいかと思います。  

  1. 夏休みです

  2. 日本の将来は真っ暗  写真は無いけど読んでね

  3. なんでこうなるの

  4. これを見て下さい

  5. やはり全然ダメでした。

  6. 沢山来ましたが、、、

  7. 子供と若者

  8. 未だ少し有ります。

  9. インフル並みになる?

  10. 人間が必要ですが、、、

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る