院長ブログBLOG

これは賛成ですが、、、

依然からお子さんの名前がとても凝っていて、とても難しく、読めないケースが増え、親御さんの意気込みが伝わって来るのですが、これだと小学校に入ってから大変ではないか? と思っていました。 遂に法務省も乗り出しましたね。 「星」と書いて「アカリ」 と読むのは未だ関連性がありますが、連想できないようなケースもありますよね。 どうもこれからは、ダメになりそうです。 「行き過ぎた」とあるので、あまりにも無理なケースの場合は受け付けしないようですが、親御さんの我が子にステキな名前を付けたい、という気持ちも判るし、兼ね合いが難しいですね。

 

  1. 又薬が無い!

  2. マダマダです

  3. 教育熱心

  4. 失敗の教訓

  5. 古いゴム版で失敗

  6. 失敗しました

  7. 文章です

  8. 雪です

  9. 名案だったけど、、、

  10. 昨日食べました

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る