院長ブログBLOG

熱の変動

小児科は熱が出ると大変です。 わが子が高い熱を出すと、親としては心配ですね。 とても良くわかります。 しかし、今は何によって熱がでているかが、大切になってきました。 昔と違います。

大部分はウィルス感染ですので、抗生物質も出さなくなりました。 解熱剤を上手に使って、治る所まで体力温存という方針です。 何が原因か全く判らず、重症の場合は解熱剤も使わない事もあります。

熱が出ると心配ですが、朝、いったん下がるとヤレヤレ安心良くなった、熱も下がったしと思いがちです。しかし、また夜になると上がり、そうこうする内に3-4日たってしまった、というケースもみられます。大きなお子さんだったらまだ大丈夫ですが、小さいお子さんは要注意です。熱は、朝下がって、夜また上がる事が多いので気を付けて下さい。

ママ達の希望的観測もあるのですね。 下がった、下がった、と喜んで保育園につれて行って、また午後上がり、呼び出されたという事も割合多いですね。 しっかり、丸一日下がったら安心して下さい。

  1. ウズラの卵

  2. カスハラ防止

  3. 死を疑似体験だって

  4. コロナ後遺症

  5. 何故?何故?

  6. 又薬が無い!

  7. マダマダです

  8. 教育熱心

  9. 失敗の教訓

  10. 古いゴム版で失敗

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る