院長ブログBLOG

今週の病気

川崎市の子供の病気、今週のトップスリーは、 感染性胃腸炎、手足口病、RSウィルス感染症 でした。

RS ウィルス感染症は、あまり馴染みがないかもしれませんが、 所謂鼻かぜです。 2歳までに、ほとんど100%感染します。 保育園に行っていると感染の危険性は高いですね。

そして、問題は1歳以下です。 30%位のお子さんが気管支炎、細気管支炎、肺炎等になるリスクが高いですね。 こればかりは、年齢が小さい、イコール弱いですから仕方が無いとも言えます。 そして、このウィルスには特効薬がありませんので、全身状態を良く保つように気をつけて、ケアーをするしかありません。

特徴は、まず、鼻水が出る事ですが、鼻水なんてありふれた症状は、いくらでもありますので、それだけでは決定できません。 咳も酷くなって熱も出て、ドンドン具合が悪くなるようでしたら、要注意ですが、これは他のウィルスでも同じで、RS のみに限った事ではありません。 鼻水を取って、チェックする検査がありますので、小児科では怪しいとなったら検査します。  また、遺伝子の型がたくさんあるので、すぐまたかかるのですが、2回目からは、ややまし、というか、やや軽くなる傾向があります。 いずれにしろ感染するのはうれしくないですけれどね。

  1. 人材確保

  2. 「おまじない」やってます。 

  3. なんて綺麗! 

  4. 今年はちょっと様変わりです。

  5. 出た、出た。

  6. 有効な薬

  7. 有効な運動

  8. 高齢者の次は?

  9. 心配の種は尽きません。

  10. ちょっと待って下さいね。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る