院長ブログBLOG

インフルエンザ、流行って来た?

今日のニュースでインフルエンザが流行って来た、と言っていましたけど、未だ大流行にはなっていないですね。 パラパラと出ていると言う感じです。 まだまだ、感染性胃腸炎が多いですね。こちらが多い時は、インフルエンザは少ないです。以前よりインフルエンザの検査に対する理解も深まり、高熱が出てから最低9時間、できたら12時間は経ってからが望ましい、と判っている方も増えました。高熱が出たから、ソレ、インフエンザだ、検査して! と言う方が減り、説明の手間が省けて助かるようになりました。でも、時々、解熱剤を使うと検査結果に影響があると思っている方が、大変な高熱で元気が無くてもそのまま待っている場合がありますね。熱が高く続いて、消耗するようでしたら、解熱剤を上手に使って下さいね。これは、以前、解熱剤とインフルエンザの異常行動が関係していると報道されたので、その印象が残ったのかもしれません。その解熱剤は、子供には使えない無い種類ですし、異常行動や脳症との因果関係も否定されました。

又、以前は1回しか保険で検査できなかったのですが、2回出来るようになりました。 それも助かっています。只、鼻の奥をコチョコチョしての検査は、ちょっと痛い事もあり、なるべく1回で済ませたいです。お子さんによっては、恐怖で、診察に入って来た時から 「ハナやらないで」 と言って泣いていて可哀そうです。もう少し楽な方法が開発されると良いんですけど、ウィルスを取らないとできませんので、今の段階では無理なようです。 私の所では、可能な限り吸引した鼻水から検査をするようにしていますが、鼻水が出ていないとできないのが難点ですね。

  1. 暑くなるとどうなるか。

  2. これは何だか判りませんが、、、

  3. 又、乗っ取られたと思いました。

  4. 完全に壊れてはいないみたい。

  5. 壊れた!

  6. 悲しく困った事です。

  7. 子供のコロナは軽症だって

  8. もう一つ変な話

  9. 好きな作家

  10. これが大事らしい。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る