院長ブログBLOG

ジカ熱

この聞きなれない病名は、初めて耳にしました。 デング熱という熱帯の病気を、昔習いましたけど、ジカ熱というのは習った事もありませんし、そもそも熱帯地方の病気って、一応講義はありましたが、”聞いておけば良い” みたいな雰囲気があって、ちょっと良い加減な気持ちでした。 将来、熱帯地方へ行かないワ、なんて思っていたんですよ。 ところが、温暖化で、熱帯地方病も他所事とは言っていられないようになって来ました。そして、ブラジルへ行く人も多いでしょうし、来る人も多いでしょうからそういう意味でも他所事とも言っていられなくなって来ましたね。

ジカ熱は、ジカウィルスによる物で蚊が媒介します。 このウィルスを持った蚊にさされると、数日で、発熱、結膜炎、 筋肉痛等の症状が出ます。多くの人は軽いのであまり問題はなさそうですが、妊娠している方は、小頭症という病気のお子さんが増えるので要注意だそうですよ。でもねー、好きで蚊に刺される人はいないし、困ってしまいますね。 妊娠している方は、敏感になってしまいます。 日本で蚊が増える夏までに流行が終わると良いですね。

  1. どうなるか心配ですね。

  2. 自宅療養

  3. 目と体重の関係

  4. 今日も暑いそうです。

  5. 目が悪くなっている

  6. 抗体カクテル

  7. ここの病院に勤務していたので、、、

  8. 20分はダメ

  9. 4000個のお弁当って

  10. 若い人のコロナが多いって。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る