院長ブログBLOG

3回の薬を2回にして

保育園や幼稚園に行っているお子さんで、3回飲む薬を2回にして下さい、という要望が多いのですが、本当はそういう訳には行かないのです。 薬は、飲むと血液に吸収されて、体内を巡り、目的の場所に到達すると効くという仕組みなのですが、 開発された時から、吸収される濃度や排泄されるスピードから、有効性が判断され、一日に何回飲むのが最も良いか決められているんです。そして、血液中の濃度が上手く保たれて、しかも害のない丁度良い方法が決められるんですが、これを2回に分けてしまうと、血液中の濃度が上がり過ぎたり、早く切れたりが起こります。 しかし、子供の場合は、あまり重症でない場合、 (大体、保育園や幼稚園に行く、という事は重くない証拠でしょう) 鼻水や咳の薬なんかは、3回の薬を2回に分けても、問題はありません。 ある種の鼻水の薬で、眠くなるお子さんはいるかも知れませんが、その程度で健康を損ねる事はありませんよ。 保育園から帰って、直ぐ飲んで、3-4時間経ったら寝る前に又、飲んでも大丈夫です。

  1. 「おまじない」やってます。 

  2. なんて綺麗! 

  3. 今年はちょっと様変わりです。

  4. 出た、出た。

  5. 有効な薬

  6. 有効な運動

  7. 高齢者の次は?

  8. 心配の種は尽きません。

  9. ちょっと待って下さいね。

  10. これ、貸してもらいました。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る