院長ブログBLOG

オタフク、多いね。

相変わらずオタフクが多いですね。川崎市の子供の病気では、上位に入っていませんが、私の処では未だかなり多いです。 仲間内でも、オタフクの話題が出ますが、ハッキリ、間違い無く ”オタフク” と診断できる典型的な時は助かるのですが、紛らわしい事もあって、その場合どうするかが問題です。検査しても即日結果が出る訳ではありませんので、数日待って貰うしかありません。

オタフク

潜伏期 14-24日  軽い頭痛、倦怠感 発熱 (無い人も多いが、2-3日間) 唾液腺 (耳の下、耳下腺と言う) の腫れは2日目からで2-7日間で圧痛がある 最初は嚥下時や酸味のある物を飲む時痛みが強い 片側が腫れて、反対側が腫れるまでに数日ずれる事がある、等が特徴です。  5日間、集団生活は避けて貰います。特効薬はありませんので炎症を抑えるお薬位です。冷えピタ等を張ると少し楽です。 昔は、サボテン をすりおろした物を塗ったそうです。 冷やす効果があったのかしら?

 

  1. 手足口病

  2. 外人の髪について

  3. この人がカッサンドラらしい。

  4. 変異株の名前

  5. コロナで孤児になったお子さん

  6. アフリカで多い理由?

  7. ここを知りたい

  8. 感染が確認された国は、、、、

  9. 危険な変異種

  10. ワクチンは、

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る