院長ブログBLOG

A 香港型

今川崎市で流行っているインフルエンザは、ほとんどA型ですが、”香港型” という以前からある物です。前に新型と言って騒がれた物は、2009年に出たので ”A09” と言われるんですよ。もう随分前なんですね。大騒ぎしたのが嘘のようです。 どの型でも薬は同じですが、タミフルという薬も未だ効きますね。 研究所では、頻繁に使われたので効かなくなってきた、と言いますが、実際には未だ効く方も多いです。 お子さんだと、吸入する薬が使えない為、タミフルしか無いので助かりますね。これが全く効かなくなると、小さい子供の薬が無くなってしまいます。それにしても、小児科はインフルエンザで大騒ぎ、 もっともっとよく効くワクチンでもできないかしらね。

  1. じゃあどうしたら良いの? 

  2. 家の中には抗原が一杯

  3. 今週は大忙し

  4. 溶連菌

  5. 又、減ったね。

  6. コロナの後遺症

  7. 子供の自殺

  8. もう遅いような気がしますが

  9. 子供にも打つのかねー。

  10. 前から思ってたんだけど、、、

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る