院長ブログBLOG

化粧品は肌に良いか悪いか? (1)

これは私も前々から疑問に思っていましたので、読んでみました。 私も寄る年波で、かなり皮膚が傷んできましたし、もともとスポーツが好きですので要注意でしたしね。

まず、 基本的に保湿が必要との事です。 今では赤ちゃんから老人まで保湿、保湿ですね。 絶対に保湿が必要なようですよ。 只、生まれつきジットリしている肌の人とカサカサしている肌の人がいて、これはどうしようも無いです。私は乾燥肌でカサカサで、若い頃、ニキビは全然できませんでした。知人に、若い頃ニキビが凄くて悲観していた人がいますが、今ではお肌しっとり、何の手入れも要らず、粉をパタパタすればお終いという有様です、シワも無いですね。 こちらは、夕方になると、肌が乾いてヒリヒリして来ます。 とにかく肌が乾いてガサガサは良く無いので、適切な保湿が要るという事です。 それから、大切なのが紫外線予防で15歳過ぎたら特にしっかり予防する必要があり、それが20-30年後の肌の老化に影響するし、皮膚癌の危険性にも影響すると思った方が良いですね。  保湿剤は化粧品だと、臭いや色を付けてあったり防腐剤が入っているとの事ですが、自分でこれが合っていて気持ち良いと感じれば良いんではないでしょうか? 今日は学会に行くので、この続きは又ね。

  1. 私の場合

  2. 牛肉食べないようにだって

  3. 温暖化防止

  4. 暑くなるとどうなるか。

  5. これは何だか判りませんが、、、

  6. 又、乗っ取られたと思いました。

  7. 完全に壊れてはいないみたい。

  8. 壊れた!

  9. 悲しく困った事です。

  10. 子供のコロナは軽症だって

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る