院長ブログBLOG

溶けましたね。

やっと雪が溶けて出歩けるようになりました。 良かったですね。 助かりました。 こうなると、長靴を買う気がしなくなるのがおかしいのですが、人間ってそういう物なのね。喉元過ぎれば熱さ忘れる、って事です。

深く反省!

さーて、インフルエンザの検査ですが、 検査キットのメーカーは、92-98%位は陽性に出る、なんて言ってますが、これは仲人口、ってもんです。(良いように言う、って事ですよ。例えば、私位は美人と言う。昔の話よ。 美人の事は絶世の美人と言うの。10人並みと言うと少々淋しいって事。)実際に使ってみると、75-80%位陽性になる感じですね。 これには、大きな問題があって、実際に人間で使ってみるのと、実験室で試してみるのには、相違があるって事ですよ。 鵜呑みには、できませんね。

患者さんの中には、検査して、「陰性です」と言うと、「あー、良かった。インフルエンザでは無いんだ。」と言う方がいるのですが、本当はインフルエンザかどうか判らないという意味なんです。 感染してからの時間の問題、とか、うまくウィルスが取れなかったりとか、いろんな要素がありますからね。一概に言えません。

以前は、保険では、検査が一度しか認められなかったので、紛糾しましたけど、実態を考慮して、2回でも3回でも認められるようになりました。 これは、小児科にとっては、助かるのですが、患者さんには、嬉しくないかもしれません。何回も鼻をゴチョゴチョやられるのは、イヤですよね。でも、なるべく早く決定しないと、薬剤の効果が無いので、その兼ね合いが難しい所です。鼻水がたくさん出ていると、陽性になりやすいですね。その鼻水の中に多くのウィルスが出ているのです。乾いたお鼻の方は陽性になりずらいですが、仕方がありません。条件が整わないと、陽性になる可能性が低いと思って下さいね。

今日は、午後、休診ですので、長靴を買いに行こうか思案中。友人によると、ホームセンターなんかで売ってるごく普通の長靴で良い、と言うんだけど、ちょいと、魚屋さんみたいだしねー。電車に乗る時、恥ずかしいわね。それに、いつも床屋さんみたいな白衣きてるんだもの、もう少しかっこ良いのが望ましいわね。

 

 

  1. このウィルスも出て来ました。

  2. これも結構多いですよ。

  3. 手足口病

  4. 外人の髪について

  5. この人がカッサンドラらしい。

  6. 変異株の名前

  7. コロナで孤児になったお子さん

  8. アフリカで多い理由?

  9. ここを知りたい

  10. 感染が確認された国は、、、、

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る