院長ブログBLOG

インフルエンザは終わりに近いですね。

DSCF0026

これは、インフルエンザで受信された方の熱のグラフです。 親御さんが、「熱が有る」と言っても千差万別 、本当に有る方も居れば、無いのに有ると思っている方も居るので、このような熱のグラフを書いてみると客観的な評価ができますよ。 熱を測って、折れ線グラフにすると一目で判りますし、理解しやすいですね。今回、困ったのは、熱が無いのに ”隠れインフル” を心配して検査を希望する方が多かった事と、夜間救急等で診断され、熱の測定が不十分で、いつから登校出来るか、決めるのが難しかったお子さんが多かった事です。このグラフは、インフルエンザで受信されたお子さんの一部です。 大部分と言った方が良いでしょうけど、今回流行が始まった最初は、そのままカルテに挟んで保管していたのですが、途中から、これでは多すぎてカルテが分厚くなってしまうと考え、別に保管しました。  もう、私が仕事をしている間は、このような流行は起こらないと思いますが、お子さんも親御さんも私もナースも他の職員もみんなみんな大変でしたね。 私は、ここに 「疲れた 疲れた」 と書いたので、息子に叱られました。 ハイ、済みません。 みんな大変なのに自分ばかり 「大変、 大変、 疲れた、疲れた」 と言っては天罰かもねー。

  1. ここの病院に勤務していたので、、、

  2. 20分はダメ

  3. 4000個のお弁当って

  4. 若い人のコロナが多いって。

  5. 今、心筋梗塞になると困る。

  6. そう言われても、、、

  7. 昨日と一昨日

  8. これ話題になっていますね。

  9. コロナの抗体、時間がたつと良くできるって?

  10. 要らないマスクを

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る