院長ブログBLOG

笛を鳴らして、、、

DSCF0038

これは、何でしょう? 実はインフルエンザの薬を吸入できるかどうか確かめる笛です。 これをくわえて、強く吸うと 笛がピーッとかん高い音でなります。 そうすると吸入出来ている証拠になるように出来ているんですよ。 大体、6-7歳のお子さんからは、出来る子が多いですが、タマに4歳で出来るお子さんもいます。多くのお子さんは、「吸って」 と言うと吐いてしまいますが、こちらが、見本にやって見せると出来るようになる事が多いですね。 薬局に行くまでに、何回も練習して貰います。 ピー、ピー と音が鳴ると安心です。

  1. 手足口病

  2. 外人の髪について

  3. この人がカッサンドラらしい。

  4. 変異株の名前

  5. コロナで孤児になったお子さん

  6. アフリカで多い理由?

  7. ここを知りたい

  8. 感染が確認された国は、、、、

  9. 危険な変異種

  10. ワクチンは、

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る