院長ブログBLOG

コンビニ受診と言われています。

DSCF0386

先日、 NHK のニュースで見ました。 随分前から、「コンビニ受診」と言われています。 「救急」 という意味は、急を要する、と言う事ですから、不要不急の受診は避けて頂きたい、という事ですね。 不必要な受診をするのが何故ダメなのか、判って頂け無いかも知れませんが、救急車は1回出動するのに、3-5万円もかかっているんです、只では無くて、税金からお金を使っているんですね。でもお金を払わないので、只のように感じてしまうのでしょうか。そして、中には、病院に着いて受診する時に、「帰りも送って貰いたいから、待ってて」 と言う方もいたようですが、さすがにこれはお断わりでしょうね。そして、大きな病院の側でも、入院患者さん、重症患者さんを抱えていますので、不要な救急受診は困りますという事です。 他にも、救急車は大体地域に1台ですので、もっと必要な方出ても対応できなくなるという事情もありますね。

私が若い頃、午前3時、なんていう時間に救急で、赤ちゃんが泣き止まない、と言って両親、祖父母、総勢5人で来られましたが、その時にはもう赤ちゃんはスヤスヤ寝ていて、全く異常は無いという事がありました。こちらは、翌日もその翌日も普通の勤務で、代休なんて無いのですから、ちょっと参りましたね。

必要に応じ、良識を持って受診して下さい、税金、人、設備 をムダに使わないで下さい、という事かと思います。

  1. 人材確保

  2. 「おまじない」やってます。 

  3. なんて綺麗! 

  4. 今年はちょっと様変わりです。

  5. 出た、出た。

  6. 有効な薬

  7. 有効な運動

  8. 高齢者の次は?

  9. 心配の種は尽きません。

  10. ちょっと待って下さいね。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る