院長ブログBLOG

怒ったら、、、

DSCF0540

親となって、全てが順調とは限りませんので、イライラしたり怒ったりはあるかと思います。 私は長女で、働いていた母親のストレス発散の相手でしたので、怒られた記憶しかありません。 凡そ褒められた事は無く、悲しい事です。 大学生時代、夏休み等に、働いていた母が絶対体何もしなくても良いように、全ての家事を行っていましたが、決して労いの言葉はありませんでしたし、母も頭が良かったので、私がどんなに良い成績を取っても 「フン」 という態度でしたね。 ちょっと酷くない? さあそこで、イライラしたりカッとしたら、どうしましょうか。 決してお子さんに当たらないでね。 私の考えでは、「静かに教える」 というのが良いと思います。 ヒステリーはお勧めしませんが、なかなか難しい事もありますね。

  1. 人材確保

  2. 「おまじない」やってます。 

  3. なんて綺麗! 

  4. 今年はちょっと様変わりです。

  5. 出た、出た。

  6. 有効な薬

  7. 有効な運動

  8. 高齢者の次は?

  9. 心配の種は尽きません。

  10. ちょっと待って下さいね。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る