院長ブログBLOG

異常行動

DSCF0611DSCF0610 DSCF0612

インフルエンザの時、異常行動を認めるお子さんが居て、問題になりますが、これが所謂「熱にうなされている状態」 つまり 「熱せん妄」か、本当に以上行動なのか難しいと思います。 熱にうなされるというのは、大体、怖い体験が多いので、お子さんが可哀そうなのですが、「天井から大きな虫が出て来る」とか 「怖いお化けが出る」 とか、とにかく怖い事が多いですね。ケラケラ笑うというお子さんは一人いましたが、他のお子さんは皆怖がっていました。 インフルエンザは代表的な高熱の出る病気ですので、ケイレンも多いです。でも、このような症状が出ても、収まって、正常に戻るのであれば大丈夫です。ずっと意識がおかしい、ウトウトしているようでシャッキリしない感じだったら要注意ですので、受診して下さいね。そしてやはり「目を離さないで」と言われています。この写真の先生は、子供は夢と現実の区別がつきにくいので、気を付けて、目を離さないで、と言っていますね。

  1. 出た、出た。

  2. 有効な薬

  3. 有効な運動

  4. 高齢者の次は?

  5. 心配の種は尽きません。

  6. ちょっと待って下さいね。

  7. これ、貸してもらいました。

  8. 若い人に多いそうですが、

  9. 見られちゃった!

  10. 子供も働いて、、、

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る