院長ブログBLOG

インフル、終わりに近いです。

DSCF0608

この薬、今年、脚光を浴びましたね。 処が良い事ずくめでも無くて、小児の使用に関しては、学会は未だ検討中です。それは、子供での使用例数が少なくハッキリした結論が出ていない事と、薬剤が効かなくなる ”耐性” の可能性が高い事、の2点が問題だからです。早く結論が出てくれると助かりますね。 それから、今年、特に感じたのは、親御さんが、インフルエンザと診断を決めて来ていて、「早く薬を出せ」と言わんばかりの方が多い事ですね。 もともと、インフルエンザは、このような薬剤を使わなくても治る物ですから、強いて処方する必要は無い、という考えの医師もいます。私は、小児の場合は、状況からインフルエンザの可能性が高くても、一応検査で確認してから処方するのが望ましい、と思っていますがどうでしょうか。

 

 

 

 

  1. 私の場合

  2. 牛肉食べないようにだって

  3. 温暖化防止

  4. 暑くなるとどうなるか。

  5. これは何だか判りませんが、、、

  6. 又、乗っ取られたと思いました。

  7. 完全に壊れてはいないみたい。

  8. 壊れた!

  9. 悲しく困った事です。

  10. 子供のコロナは軽症だって

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る