院長ブログBLOG

何故かしらね。

最近、「アナフィラキシー」というく急激なアレルギー症状のお子さんが多いのですが、理由が全然判りません。とても不思議です。 これまで長い間、小児科医をやって来ましたが、そういう患者さんは一人も来ませんでした。30年間、期限切れで捨てるばかりだった薬を、使うようになって驚いています。不思議な事ですので、理由を知りたいのですが、未だ判りません。どなたかが解明してくれると思いますが、今のままではあまりにも漠然としていて研究としても無理でしょうか。30年といえば一世代ですから、日本人の何かが変わって来ているのかと思います。

  1. 人材確保

  2. 「おまじない」やってます。 

  3. なんて綺麗! 

  4. 今年はちょっと様変わりです。

  5. 出た、出た。

  6. 有効な薬

  7. 有効な運動

  8. 高齢者の次は?

  9. 心配の種は尽きません。

  10. ちょっと待って下さいね。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る