院長ブログBLOG

子供のコロナ

子供のコロナについて、纏められた物を読みましたが、まず子供のケースはとても少ない、という事です。 あまり罹らないようですね。もともと子供では、コロナというのは、所謂カゼとして広く存在するので、古い、これまでにあったコロナには、もうかかっている事が多いようですね。 これは古型ですが、コロナとしては同じなので多少の関連があり、免疫は完全では無いものの多少は効くという事でしょうか。 罹っても軽く済む事が圧倒的に多いのであまり心配は要らないそうですが、唯一重症になるのは新生児、つまり生まれてすぐの赤ちゃんです。生まれてすぐの赤ちゃんは、全てに弱いので気をつけてね。 あまり外には行かないと思いますけど、家族の方、普通の病気でも感染させないように気をつけて下さいね。

  1. 人材確保

  2. 「おまじない」やってます。 

  3. なんて綺麗! 

  4. 今年はちょっと様変わりです。

  5. 出た、出た。

  6. 有効な薬

  7. 有効な運動

  8. 高齢者の次は?

  9. 心配の種は尽きません。

  10. ちょっと待って下さいね。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る